治療・手術

 

安全で安心して
受けられる手術を

患者さんにとって目の手術を受けるということは、人生の中で経験の無い非常に大きな決断であると思います。ゆえに、その決断にたいしては、自らの持てる力を全て発揮し最高の技術で答えるべきだと思います。手技一つ一つを丁寧に、思いを込めた手術を心がけています。

白内障の手術

手術経験豊富な院長による施術

日常生活を送るうえで不便を感じるほど白内障が進行した場合は、硬く濁ってしまった水晶体を切除して、人工のレンズ(眼内レンズ)を挿入する手術(日帰り)を行います。

当院長は、これまで数々の難症例を含む白内障の手術に携わっており、執刀経験が豊富です。手術が初めて、あるいは不安という患者さんのお悩みやご相談に応じるほか、手術内容につきましても丁寧にご説明いたします。手術患者さんを対象とした説明会を定期的に開催しておりますのでご希望の方は、是非ご参加下さい。

手術方法について

白内障の手術方法はいくつかありますが、当院では超音波乳化吸引術による施術になります。この方法は日帰り手術でよく用いられており、具体的には濁った水晶体を超音波で砕き、それをシャーベット状にして吸引(切除)する方法になります。同施術では水晶体を包んでいる袋(嚢)部分を残しますが、この水晶体が入っていた袋に眼内レンズを挿入します。

手術は手術着を着用していただき、仰向けの状態で受けます。また、手術の際は、点眼による局所麻酔で行われますが、痛みはありません。なお、手術時間は10〜15分程度になります。

手術後はリカバリー室で少しの間お休みいただき、何も問題がなければ、そのままお帰りいただけます。

水晶体乳化吸引術
超音波乳化吸引術
眼内レンズ挿入術
眼内レンズ挿入術

眼内レンズについて

白内障の手術時に挿入する眼内レンズ(人工のレンズ)は、手術を行う前に必ず決めておく必要があります。レンズには主に2つのタイプがあり、単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズです。それぞれの特徴は次の通りです。

単焦点レンズ

1点にのみピントが合うレンズのことを単焦点眼内レンズと言います。人間の目は、通常近くにも遠くにもピントを合わせることができます。しかし、この単焦点眼内レンズは焦点が1点のみのため、顔前からどのくらいの距離に合わせるかを術前に決める必要があります。

多焦点レンズ

遠近両用のレンズのことを多焦点眼内レンズと言います。単焦点眼内レンズと違い、近くと遠くの2ヵ所にピントを合わせることができるので(2焦点タイプ、他に中間距離にもピントの合う3焦点タイプもあります)、眼鏡の使用頻度を減らすことができます。デメリットとしては、単焦点眼内レンズよりも経済的負担が大きいという点です。また、遠近両用レンズは万能というわけではなく、薄暗い場所や夜間にライト等を見ると、光の周辺に輪がかかって見えたり、眩しさを感じたりすることがあるため(ハロー・グレア現象)、夜間の車の運転には不向きな部分もあります。

白内障とは

主に加齢が原因で水晶体が濁ってしまう状態を白内障と言います。水晶体はカメラに例えるとレンズに相当し、レンズ同様に水晶体も透明で光をよく通すのですが、水晶体を作るタンパク質(クリスタリン)は加齢によって厚みを増し硬くなり、徐々に濁っていきます。この症状が白内障です。

早い方であれば40歳ほどで発症し、80歳を超えるとほとんどの方が白内障の状態にあると言われます。また、若い世代であっても、全身疾患(糖尿病など)、薬剤(ステロイド薬の内服)の副作用、外傷、紫外線、喫煙などで発症することがあります。

白内障の症状

初期段階では、自覚症状がほぼ感じられないため、白内障に自ら気づく患者さんはほとんどいません。しかし、病状が進行するようになると、以下のような症状が見られるようになります。

  • 目が霞んで、辺りが白く霧がかかったように見える
  • 明るいところでは、かえって見えづらい
  • 太陽光や街灯、車のヘッドライトなどの光をひどく眩しく感じる
  • 眼鏡をかけても、小さな文字が読みにくくなる
[IMG]皮質白内障シミュレーション-1
白内障の症状

網膜・硝子体の治療

目の奥に広がっている薄い膜状の神経組織が網膜で、これは眼球内腔を埋める硝子体と接しています。硝子体は加齢や疾患などにより収縮したり、変性したりします。この影響を網膜が受け、各種疾患となって現れたものを総称して網膜硝子体疾患と言います。
主な疾患には、網膜裂孔、網膜剥離、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、硝子体出血、黄斑前膜、黄斑円孔、黄斑浮腫、黄斑変性などがあります。これらの病気を治療する方法として、当院ではレーザー治療、硝子体手術、硝子体注射を行っています。

網膜のレーザー治療

網膜のレーザー治療は目の奥の網膜にレーザーを当てて治療する方法で、網膜硝子体疾患の中では、糖尿病網膜症、網膜裂孔、網膜静脈閉塞症などの治療法として用いられます。

網膜裂孔に対するレーザー治療
疾患が原因で開いた孔を孔の周囲にレーザーを照射することで、網膜を焼き付けてそれ以上広がらない様に処置をします。しかしながら、レーザーが効力を発揮するまでに数日必要であるため、しばらくは安静にしていただきます。
糖尿病網膜症に対するレーザー治療
血流不足による酸素・栄養不足に陥った網膜に対して、未熟で壊れやすい新生血管ができないようにレーザーで焼き固めるようにします(網膜光凝固術)。余分な血液の流出を防ぐために有効な治療方法ですが、レーザーの照射範囲の網膜の機能は低下するので、十分な理解の上施行する必要があります。
網膜静脈閉塞症に対するレーザー治療
網膜静脈閉塞症は、網膜の静脈が様々な原因で閉塞し、血管から血液があふれ出る症状ですが、この障害が広範囲にわたって起きている場合には、後述の硝子体注射が第一選択となります。しかしながら、再発を繰り返すケースなどではレーザーや硝子体手術も検討されます。
[IMG]網膜の円孔-2
円孔に対するレーザー治療
汎網膜光凝固術
汎網膜光凝固術

硝子体手術

網膜や硝子体に起こった疾患を治療の目的とし、眼内の出血や濁り、網膜表面に貼りついた病的な膜などを硝子体と一緒に除去する手術です。この網膜硝子体手術を当院では日帰りで行っております。

主に糖尿病網膜症(眼底出血)、網膜剥離、黄斑上膜、網膜静脈閉塞症(黄斑浮腫)、硝子体混濁(ぶどう膜炎)などが治療対象となります。

[APNG]硝子体出血の除去
硝子体切除
線維血管膜除去
線維血管膜除去

硝子体注射

眼球内に薬剤を直接注入する方法のことを硝子体注射といいます。点眼麻酔と消毒をした後に眼球に注射を行います。なお、硝子体に直接注射針を打ちますが、麻酔を十分にしたうえで施術いたしますので、痛みもさほど感じることはありません。

加齢黄斑変性症や網膜静脈閉塞症、近視性脈絡膜新生血管の治療でよく行われており、黄斑の浮腫(むくみ)の治療や新生血管の発生を抑制する方法として有効です。なお注入する薬剤には、ステロイド剤や抗VEGF阻害薬などがあります。

硝子体注射
硝子体注射

緑内障の治療

点眼薬による薬物療法から、レーザー治療、手術療法などがありますが、まずは点眼薬(主に「房水の産生を抑える薬」か「房水の流出を促進させる薬」)で眼圧を下げる治療を行います。点眼薬で効果が不十分な場合は、レーザー治療(レーザー線維柱帯形成術)や手術療法(線維柱帯切除術、または線維柱帯切開術)を行い、房水が流れやすくするようにします。この疾患で大切なことは、早期発見ですが、何より大切なことは適切な治療を続けることにあります。当クリニックでは、一人一人に合った続けやすい治療の方法を相談するように心がけています。

薬物療法

緑内障の治療の基本は、「点眼薬」です。眼圧を下げることは視野が欠けていくことを抑え、より広く視野を長持ちさせる一番の方法です。しかしながら点眼を続けるということは、1日1回でもなかなか大変なものです。治療を永く続けていただくためには、ご自身の緑内障のタイプや状態を理解していただくことが重要となります。当クリニックでは、なるべく分かりやすい説明を心掛け、緑内障と仲良く生きていけるように患者さんの良き伴走者になれるように努めています。

レーザー虹彩切開術

目は、水風船のような閉鎖環境にあります。そんな水風船の中でも生きている以上、その中に含まれる水(房水)の代謝が起きています。古い水は眼の排水溝から目の外に絶えず排出されていきます。しかしながら、水の通り道が細いと、水風船の中に水が溜まってパンパンに膨れ上がってしまいます。これを急性緑内障発作と呼び、早急に治療が必要な状態です。この治療には、通り道そのものを圧迫している水晶体(目の中のレンズ、白内障の元)を取り除く根本的な手術と、水の通り道を別に作るレーザー治療があります。レーザー治療は、外来で比較的短時間で施術することができ、これにより眼圧も下げることができますが、根本的な水晶体の圧迫が残っている点とレーザー照射によって角膜に障害が出てしまう危険性があります。発作が起こっている状況下ではレーザー照射はやむを得ない場合が殆どですが、予防的に行う場合には水晶体を再建する方が長い期間でリスクの少ない治療といえます。

レーザー虹彩切開術
レーザー虹彩切開術

選択的レーザー線維柱帯形成術

眼の中の排水溝である線維柱帯に弱いレーザーをあてることで、水の溜まりを防ぎ、眼圧を下げるレーザー治療です。日帰りでできることがメリットとなりますが、得られる眼圧下降は手術に比べれば少ないのが実際です。点眼薬での眼圧下降が不十分な場合追加の治療として選択することとなります。

選択的レーザー線維柱帯形成術
選択的レーザー線維柱帯形成術

線維柱帯切除術

最も行われている緑内障外科手術です。目の壁に蓋つきの穴をあけ目の外に水を逃がすことで眼圧を下げる直接的な手術です。合併症や術後の感染症などの発生頻度はほかの治療よりも高くなるため、手術の必要性の判断は慎重に行う必要がありますが、得られる治療効果も点眼やレーザーよりは良好なものとなります。

線維柱帯切除術
線維柱帯切除術

チューブシャント手術

最近行われる数が多くなってきた手術です。難治性の緑内障に対して選択される治療法の一つです。線維柱帯切除術と同様に目の壁に穴をあけますが、その穴にチューブを通し、目の外に水を逃がします。チューブは癒着や目詰まりの起こりにくい素材でできており、良好な眼圧効果が得られます。しかしながら、常時目の中と外がつながっているための感染症リスクや人工物を使う上での長期にわたる経過観察が必要となります。また、合併症の一つに眼圧が下がりすぎてしまう低眼圧やそのせいで起きる脈絡膜剥離があり、難治性を対象とする治療たる所以です。

チューブシャント手術
チューブシャント手術
緑内障とは

何かしらの原因によって視神経の眼球への入口付近(篩板)で神経線維が障害され、その結果、障害された部分の視野が欠けてくる疾患を緑内障性視神経症といいます。原因が構造的な変化であることと神経細胞が再生しない点から、一度障害を受けてしまうと視野の回復は不可となります。40歳を超えると5%程度(平均ですので、40歳台ではもう少し低いと思われます)の有病率と言われており、早期発見・早期治療がとても大切です。

[IMG]緑内障シミュレーション-3
緑内障の症状

黄斑変性の治療

滲出型の加齢黄斑変性と診断された場合は、場所や大きさ、年齢などを考慮しながら治療について相談します。治療方法には、レーザー、光線力学的療法(PDT)、抗VEGF療法があります。一方、萎縮型の場合は、現在のところ有効な治療法が確立していないこと、病状の進行がゆっくりであることから、定期的に検査を行い、経過を観察していくことになります。

抗VEGF療法

新生血管の成長を促すVEGF(血管内皮細胞増殖因子)という物質の働きを抑える「VEGF阻害薬」を眼球内に注射することで新生血管を縮小させる治療法になります。1か月に1回治療を行い、まず3回(3か月)の治療で効果を判定します。新生血管の活動性が治まっていれば無治療にて様子を見ますが、薬効の切れる時期に伴い病気の活動性が上がるようでしたら追加で治療を検討します。最近では、治療を中止せずに一人一人の病気の活動パターンに合わせて定期的に治療を行うことが、長期的に病気の進行を抑えることがわかってきました。

[APNG]硝子体注射
硝子体注射

レーザー光凝固

中心窩(黄斑の中心部分で、視力が一番高い部分)から離れた場所に、活動性の高い新生血管がある場合は、レーザー光で新生血管の活動性を抑えます。しかし、レーザー治療の際には、同時にその周辺の正常組織も同様の効果を受けるため、レーザー光を当てた部分は視野が欠けてしまいます。新生血管が再発した際には、再び治療を検討します。

[APNG]レーザー光凝固療法
レーザー光凝固療法

光線力学的療法(PDT)

光線力学的療法もレーザー治療の一つで、新生血管が中心窩にある場合に行われる施術になります。同療法では、腕の血管から注射した薬剤が新生血管に多量に入った際に、特殊なレーザー光線を照射します。これにより新生血管の中の薬剤が光に反応して、活性酸素が発生し、新生血管の活動性を抑えます。使用するレーザーは熱がほとんど出ないため、中心窩の視細胞が焼けるようなことはありません。ただし薬剤が体に残っている間は、日光などの強い光で皮下の血管が障害を受けるために日光やハロゲンといった強い光に被爆されることを避けなければなりません。主に、大学病院などで行われている治療ですが、最近では抗VEGF療法が取って代わるようになってきました。

[APNG]PDT(光線力学療法)
光線力学的療法(PDT)
加齢黄斑変性とは

網膜の中心に位置する黄斑(網膜の中心で直径約1.5mmの範囲)は、物を見る細胞が詰まっています。しかし、酸化ストレスなどが原因で、その働きに異常が起こり、視力が低下するようになります。このような疾患を黄斑変性と言います。生活環境の変化に伴い疾患自体も近年増加傾向にあります。喫煙、紫外線による酸化ストレス、偏った食生活、近視化、遺伝子などが、この疾患のリスク因子であると言われています。その中でも最近話題なのが、50歳以上に起こってくる加齢黄斑変性です。

加齢黄斑変性の種類
滲出型加齢黄斑変性
滲出型は、黄斑の脈絡膜(網膜下を支える血管が豊富な膜)から網膜に向かって、新生血管(新しくできた血管)が筍の様に伸びてくるタイプです。新生血管は脆く弱いので、簡単に出血したり血液中の水分が染み出たりします。そのため新生血管ができると、黄斑の視細胞が損傷され、黄斑の機能が低下してしまいます。
萎縮型加齢黄斑変性
萎縮型は、老化とともに網膜の細胞と脈絡膜が徐々に死滅していくので、黄斑の機能はゆっくりと損なわれていきます。なお萎縮型には、現時点で有効な治療法が確立されていません。
滲出型
滲出型加齢黄斑変性