近視治療

 

メガネやコンタクトレンズから解放され
裸眼で過ごす日常を

メガネやコンタクトレンズから
解放され
裸眼で過ごす日常を

近視の治療

当院では進行性の近視に対処する方法として、日頃の生活習慣の指導・相談をさせていただくほか、眼鏡やコンタクトレンズ処方、点眼薬や手術による施術などもご提案しております。

ICL(眼内コンタクトレンズ)

ICL(Implantable Collamer Lens)とは、簡単に言うと眼内に装着するコンタクトレンズです。通常のコンタクトレンズは長期間の装用については大きなリスクを伴いますので、基本的に取り外しをするものですが、眼内にレンズを装着するICLを行うことでその手間やメンテナンスが省けるだけでなく、コンタクト装用でアレルギー症状の出る方、レーシック手術を行うには不適応とされる強度の近視の方、角膜を削ることはないので角膜が薄いという方などにも対応できるのが利点です。

目の虹彩と水晶体の間にレンズを挿入する手術となりますが、3mm程度の切開で創口は縫うことはなく、自然と元の状態に戻ります。痛みも無く、手術時間は片目で10分ほどです。詳しい説明は、希望があれば受診の際にその都度説明させていただいております。また、受診をされなくても定期的に説明会を行っておりますので、トップページから当クリニックのカレンダーをご確認ください。

当クリニックではスター・ジャパン社製のICL(眼内コンタクトレンズ)を採用しています。

 

STAAR社ロゴ

当クリニック院長は、ICL研究会の会員です。  
CLI[APNG]
CLI
点眼薬をして、角膜を約3mm切開
CLI
切開した部分よりレンズを挿入
CLI
目の虹彩と水晶体の間にレンズを入れる

オルソケラトロジー

オルソケラトロジーは、寝ている間に装用するコンタクトレンズです。このレンズを装用して寝ることで、翌朝には視力が矯正されているという一時的に近視の屈折矯正を行う視力補正方法になります。これを繰り返し装用していくことで、レンズを外した後も矯正効果を保てる時間が増えていき、日中は裸眼で過ごせるようになっていきます。それぞれの方の角膜の形状や近視度数に合わせてカーブをつけた特殊なレンズを装用してから眠ると、眠っている間に角膜の形状が変化し、近視が矯正されます。

これは、中等程度までの近視の方に有効で、これまでのコンタクトレンズとは異なった近視矯正法です。しかしながら、夜間の涙液交換に影響を及ぼし角膜に疾患を起こす可能性があること、アレルギーをお持ちの方には不向きな点などがデメリットとなります。ご興味のある方は、適応も含めてご相談いただけますので、気軽にお尋ねください。

 

近視の場合、光が網膜より手前で焦点を結ぶため、像がぼやけて見えます。

特殊なカーブを持つレンズが角膜前面の形状を矯正し、光の焦点を網膜上に結びます。

レンズをはずしても一定時間角膜形状が維持されるため、昼間は裸眼視力が改善します。

累進加入コンタクトレンズ

累進加入コンタクトレンズとは、遠くを見る部分の度数と近くを見る部分の度数がひとつのレンズに合わさったもので、遠近両用眼鏡の代用となるものです。将来的には、学童期の近視進行予防に役立つコンタクトレンズの登場に期待する分野です。

低濃度アトロピン点眼(当院で処方しております)

近視進行予防に有効とされるアトロピン製剤が配合された点眼薬です。近視進行にプラスに働いてしまう眼球伸展の力を弱める効果が期待されています。通常のアトロピン製剤であれば、2週間程度瞳孔が開いてしまいぼやけてしまうところを、0.01~0.02%と低濃度にすることで散瞳効果を弱めた状態で使用します。お子様への使用を希望される方、一度説明やお話を聞いてみたいという方は、当クリニックまでお気軽にご連絡ください。なお、予約不要にて定期的に説明会を行っておりますので、トップページのカレンダーをご確認ください。

 

内容に際して不明な点やお気づきの点等ございましたら当クリニックまでお気軽にご連絡いただけると幸いです。℡ 048-714-0255(代表)